MHW

買いたくなるなる理由を書き綴った前回とは逆に、発売前に感じる不安要素や改善を希望する部分を正直に書きまくる回。

いつものように好き放題やるので熱烈なファンの方はご注意ください。

不安点 1. スキルシステムの刷新

従来のスキルポイント(SP) システムから、各防具を装備するだけでスキルが発動するシステムに変更となりました。

システムのわかりやすさは向上した一方で、あまりスキルを盛れなくなるかもしれないなーという懸念。

ベータ版時点では防具 1 部位につき 1 スキルポイントが基本。もしこのまま製品版に移行するとみんな攻撃スキルをつけて終わりになってしまいそう。

とはいえ、ベータ版でも一部防具(ジャグラス胴など)にはスキルポイントが 2 つ付いていることを確認済み。更に防具のレベルアップシステムがあることも告知済み。

上位や G 級(あるのか分かりませんが)に行けば各部位 3〜5 個くらいのスキル、もしくは1 部位でスキルレベル 3 くらいの性能がついていてくれることを願います。

不安点 2. 大型アップデート第一弾が イビル・ジョー

旧モンスターの復刻。……なぜ?

別に嬉しくないことはありませんが、その方向性は正直 X シリーズで既にお腹が一杯な感があります。せっかくならば昨今のオンラインゲームよろしく、完全新規モンスターを目玉に持ってきて欲しかったというのが本音ですね。

いきなりの目玉が復刻モンスターであるならば、今後もその流れが続くと推測できます。

第 2 弾ティガレックス実装!

第 3 弾ナルガクルガ実装!

クエスト終焉を喰らうもの 実装!

見える見える……(確率が)太いぜ。

発表当初は公開されるモンスターのほとんどが新規で、半分モンスターハンターとは別ゲーとして遊べるのではと期待していました。しかし発売間際に公開されたモンスターのうちの多くは復活モンスター。

良くも悪くも、モンスターハンターはいつまでもモンスターハンターのままかもしれません。

不安点 3. オンライン集会所に部屋名の設定項目がない

なぜなのか。これは本当に理解ができず。

前作に引き続き、狩猟ターゲットを指定して部屋を立てる形式になります。

MH3G までは部屋名の設定機能ありました(外部ツールの使用も含めた場合)。それが MH4 以降の作品ではオミット。PS4 の MHW でも機能がないままというのは流石に予想外です。

人気モンスターに限っては、今のシステムのままでいいかもしれません。一方で、人気のないモンスターが討伐対象の場合は発売直後でも過疎状態に陥りがちです。そのため MH4 以降の作品では、「面倒くさくても結局ソロでやるしかない」といった事態が多発していました。

部屋名を設定できたかつては、「クエスト回し部屋」や「お手伝い募集」といった、比較的緩やかな募集コメントを付けられるため、モンスターの人気の有無に関わらず一定のハンターを集めることができていたわけです。

また、狩猟対象がメインの募集要項になってしまうと、「自分の必要数の素材が揃った瞬間即バイナラ」現象が横行する未来が容易に想像できます。

今のシステムは、確かにゲームを進める上での効率はいいかもしれませんが、これでは中々コミュニケーションは生まれません。せっかく集会所入室人数増加、サークル機能の実装などのテコ入れが入っているにも関わらず、これでは台無しでしょう。

イビル・ジョーの追加前に、ここをアップデートして改善して頂きたいですね。願わくばロビーのようなものが用意されれば言うことなしなのですが。

モンスターや武具などのコンテンツだけでなく、「このゲームを軸にコミュニーケーションが取りたくなる」ような動機付けが、長く愛されるか否かの分かれ目になるでしょう。

そういった意味でも狩猟対象で部屋を探す味気のないものではなくオンラインロビーを設置し、

ロビー> 集会所入室 > 狩

といった自然な流れがあるのが理想なのではないでしょうか。

フロンティアが現役である間は現実的に不可能かもしれませんが。

不安はあるが楽しみな点の方が多い

前回のポジティブと真逆でネガティブ面を取り上げました。

オンライン周りについては特に書きたいことを書いた感がありますが、 MHW に対するボクの期待は過去作最高であることに変わりはありません。体験版が楽しいモンスターハンターなんて初めてでしたから。

今回、地形に関することには敢えて言及しませんでした。MH4 ~ MHXX に見られた「不自然な段差や斜面」がなくなり、きちんと自然を感じられる地形であること。地形を活かしたアクションが数多く実装されていること。タイムアタックには向かないかもしれませんが、それ以上に世界観づくりとアクション性の両立がしっかりできていると感じたため。

過去作と異なりアップデートが入るため、改善を重ねて末永く遊べるゲームになって欲しいですね。

そうそう、前回の記事で言い忘れていました。

なんとお守りが運ゲーではなくなりました。

もうこれだけで神ゲー確定ですね。

MHW

第 3 回ベータテストが 1 月 19 日(金) 11:00 からの実施が予定されている MHW 。

ベータテストだなんて言わず発売して欲しいほど発売日が待ち遠しすぎる、国産アクションゲームの中でも最高峰と言われるモンスターハンターシリーズの最新作。既に国内外の Amazon ランキングで上位をかっぱらっているようですが、一体どこに皆惹かれているのでしょう。ひとつひとつのポイントを紐解いて参ります。

MHW

「モンスターハンター:ワールド」のディアブロスにランスで挑戦してきました。


余裕を持っての 9 分台討伐。開幕いきなり耳を塞いでしまったり、角に弾かれ被弾をしてしまうなど容易な更新の余地があるため、8 分台は簡単に出せそうです。