高級オフィスチェア 『GENIDIA』 を購入・レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元々腰がとても悪く、少しでも何か腰に負担がかかるとすぐに立ち上がるのも一苦労な腰痛に悩まされていたボク。

さすがにこのままではイカンと思い、この度思い切って椅子を新調することといたしました。

今回はそのレビュー記事です。

購入までの経緯

これまでは経済的面というのも勿論ありますが、高級椅子でも普通の椅子でもそんなに変わらんべと決めつけ、その辺のお店で適当に買った1万円前後のヘッドレスト付きチェアを使用していました。当時はそれでも高いと感じましたし、ヘッドレスト付きというだけでテンションが上がっていたものです。

ところがその椅子を実際に使用し続けていると、形はボロボロになるわ、座っているとどんどん姿勢が崩れてしまうわ、座れば座るほどに腰が痛くなるわ、といったように散々なものでした。

家での作業が比較的多く、また在宅中は寝るとき以外基本的にずっと椅子に座ったままであるため、流石にそろそろこの状況を打開しようとすべく高級椅子へと手を伸ばしたのでありました。

試座の重要性

というわけで、行ってまいりました大塚家具。お金持ちでもなんでもないボクとは完全に無縁な存在であると思っていたここですが、最近色々と話題となっていたこともあって思い切って乗り込みです。

入った瞬間からあまりの家具の多さ、チラリと見える値札にガクブル状態でしたが、なんとか精神を保りつつ店員さんに案内されオフィスチェア売り場へ。

到着するや否や目に入ったオフィスチェアの展示数も半端でない数でしたが、目的ではない家具とは違いやはり欲しいと思ってきたもの達ですから、それを見て大変胸がときめいたのを覚えています。

当初はおそらく皆さん誰もが耳にしたことがあるほど有名で、ボクの大好きなイラストレーターの方も絶賛していた『アーロンチェア』を目的に足を運んだのですけれど、他にもこれまた有名な『エルゴヒューマン』やオカムラ、イートキなど、名だたる椅子やメーカー名が勢ぞろいであったため、ここぞとばかりに次々と試座していきました。

その際に意識したのは「日頃の姿勢」。前回安物の椅子を買った際には、適当に深く腰を掛けた際の座り心地とヘッドレストの有無のみで選んだものだったのですけれど、実際に家で使ってみると想像していた姿勢には全くならず、無理やりな姿勢をとらざるを得ないような状態となってしまいました。その為、目の前に家のデスクがあるとイメージして、どの姿勢が自分にとって一番楽であるかを延々と思考。

その結果最終候補に残ったものが、当初の予定通りの『アーロンチェア』、そしてこの『GENIDIA』だったというわけ。

『アーロンチェア』はその知名度に恥じず、圧倒的な座り心地でした。固めなメッシュ素材でできたこの椅子は、腰をはじめとしたの要所をしっかりと支えてくれ、体にかかる負担を最低限にしてくれているのだなと瞬間にしてわかりました。対して『GENIDIA』ですが、腰を掛けた瞬間の包み込まれるような感覚がとても気持ちがいい。ただやわらかいような包み込みではなく、これまた体にぴったりとまとわりついて姿勢を補助してくれるような、そんな感覚。

どちらも実際に使用している際のイメージがどんどん浮かんできて、そしてそのイメージの中の自分はどちらの椅子に座っていても幸せそうでした。結局このふたつで悩み、悩み、あほほど悩み、ついには『GENIDIA』を選択しました。

作業重視で考えれば『アーロンチェア』一択、そう言えるほどに作業中のイメージとその座り心地が一致していました。けれども、流石に一日中作業しているわけではなく、例えばテレビを見たりする際にも椅子に座りっぱなしな生活環境。そういった状況も考慮すると、『アーロンチェア』はいささか緊張感が過ぎているような気がして、『アーロンチェア』しか頭に無かった状態のボクにファーストインプレッションでビビッと来させ、様々な機能が付き、ヘッドレストでリラックスもできる万能型の『GENIDIA』にした次第。

ボクの体系がやせ形であるため、最小サイズの『アーロンチェア』ですらやや大きく感じてしまったのも選択の決め手となった理由の一つです。

長時間付きっきりで相談に乗ってくださった店員さん、ありがとうございました。

『GENIDIA』の実力(まとめ)

こんなことを言ってはなんですが、おそらくこんな名前の椅子、聞いたことがない人のほうが多いのではないでしょうか。実際に自分が大塚家具へ行くまでそうでした。

実はこの椅子、先ほどもちらりと触れた有名高級チェアである『エルゴヒューマン』の後継機にあたるものなのだそうで。昨年に発売というフレッシュさも相まり、実に多機能、快適、実用的!

あまりに多機能すぎて紹介するのが面倒くさいので、きれいにまとめてくださっていたこちらのサイトをご紹介します。

悪姿勢を感知?!次世代チェアGENIDIA展示中 | 新品 | ガーデンオフィス日本橋ショールーム by OAランド

Genidia とはイタリア語で「天才」の意。その名に負けない作りになっているというわけ。

実際に家での使用を始めましたが、以前までの椅子とはもう比べ物にならないくらい快適です。店頭で悩みに悩み切ったかいもあってか、イメージ通りの姿勢で使うことができています。メッシュ状の生地は、表現がアレかもしれませんがいい感じにネチャクチャしており、もともと包み込んでくれる構造との相乗効果でばっちり体をホールド。

また、作業に合わせて座面の奥行、角度を調節できる機能もちょべりぐ。アームレストの高さもちょうどいい位置まで上げることができ何から何まで最高尽くしです。

何より一番驚いたことが、長時間座った後に立ち上がった際のこと。もしかするとこれはどの高級チェアにも共通していえることなのかもしれませんが、姿勢矯正効果があるのか、立ち上がった時に明らかに自分の直立姿勢がよくなっていると感じます。普通、長時間座ってから立とうとすると「よっこいしょ」ってなりますよね。それが全くないんです。スッと立ち上がってピシッと直立。

今までに味わったことのない感覚で、大変気持ちのいいものです。きっと、腰痛改善にいい影響をもたらしてくれることでしょう。

決して安い買い物ではありませんが、結果としていい投資であったと感じています。腰痛に悩んでいる方は是非一度、椅子についてご検討してみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

自作動画や生放送リンク

コメントを残す