PS4 を持っているならモンスターハンター:ワールドを絶対に買うべき 5 つの理由

第 3 回ベータテストが 1 月 19 日(金) 11:00 からの実施が予定されている MHW 。

ベータテストだなんて言わず発売して欲しいほど発売日が待ち遠しすぎる、国産アクションゲームの中でも最高峰と言われるモンスターハンターシリーズの最新作。既に国内外の Amazon ランキングで上位をかっぱらっているようですが、一体どこに皆惹かれているのでしょう。ひとつひとつのポイントを紐解いて参ります。


MHW の凄さが際立つのは 5 つのポイント

話そうと思えばもっとたくさん出てきますが、特に下記 5 つのポイントが凄い。買いたくなるなる。

#* 1 *#. 広大な自然・生態系を楽しめる

MH4 以降のモンスターハンターシリーズはどこかアクションゲーム偏重なところがありました。特に X シリーズではジンオウガが氷海にいる(寒いところが苦手なのに)や、アバルトリオンが溶岩島に出張(設定上 フィールド「神域」ときっても切れない関係があるにも関わらず)など、最早何でもありな状態に。

MHW では大型モンスター、小型モンスター間のヒエラルキーがしっかりしているだけでなく、環境に則した生態系の部分にまでしっかりと描写がなされています。

単にアクションゲームとしてだけでなく、裏設定まで楽しむタイプのプレイヤーにとってはとても魅力的なゲームに戻ったわけですね。

MHW_リオレウスvsアンジャナフ
大迫力なモンスター同士の対峙

 

#* 2 *#. ネトゲさながら?  なオンライン環境完備

オンラインプレイの満足度が向上するようなシステムが数多く実装されています。

特に「サークル機能」には目を引くものがあります。一般にギルドやクラン、MHF では「猟団」と呼ばれるものに値するシステムですね。

昨今のコンシューマゲームにはチーム戦やパーティシステムこそあれど、こうしたギルドシステムがない場合が多々。そのためゲーム外にわざわざコミュニケーションの場を設けなければならず、面倒くさいことこの上ありませんでした。

MHW では「サークル機能」の実装でプレイヤー同士のコミュニケーションがゲーム内で完結。コミュニケーションの敷居が下がり、気軽にオンライン参加、交友関係づくりに励めます。

#* 3 *#. 集会所入室人数が 16 人に、クエスト参加がどのタイミングでも可能に

これらは画期的なシステム改善だと思います。

従来のモンスターハンターシリーズではひとつの集会所に 4 人しか入ることができず、基本的にはその 4 人でクエストを順繰り回していくシステムでした。

そのため身内が 5 人集まってしまうと、ひとりが溢れ、手持無沙汰になってしまうことに。

今作では 16 人まで同一集会所に入室が可能となったので、そんな事態はなくなりますね。

更にクエスト中のどのタイミングでも、他プレイヤーがそのクエストに途中参戦可能となりました。これまではクエスト開始時にしか参加権限を得られなかったため、周りがトイレやお昼ご飯などで離席すると、ホストはその帰りを待たざるを得ませんでした。

それが今作の改善で、ホストの好きなタイミングで気兼ねなくクエストに出発できるようになったわけです。時間効率がうんと上がります。

#* 4 *#. 新アクションで爽快感アップ

武器種は既存の 15 種のままではあるものの、それぞれに狩りを快適にする強力な新モーションが数多く追加されています。

例えば太刀のようにゲージを利用した大火力を出せる大技の実装。例えばランスのように、立ち回りからの強化ができるガードステップの実装など、調整の範囲は広きにわたります。しかもほとんどがきちんとプラスな調整。

MHX ではランスの「強突き」など黒歴史的な調整もありましたが、そこでの反省がノウハウとしてきちんと培われているように見受けられます。

また、今作にはトレーニングモードが追加。モンスターハンターシリーズが初めての人、アクションゲームが苦手な人でも安心して練習することができる環境になりました。

アクションゲームとしての完成度は非常に高いものであると言えそうです。

※ランスの新モーションが見られる動画はこちら

#* 5 *#

#* 6 *#. 進化したキャラクターメイキング

ブッサイクなキャラクターメイキングはもう終わり! 自分好みのお顔を作れるようになりました!(残念ながら体系はいじれない模様)

ただこれ、他のゲームでやっていて思うのが、意外と思いのままに顔を作るのが難しいんですよね。

初めはプリセットから少し変えるくらい、慣れてきた 3rd キャラクターくらいから魔改造、という流れが安定するのではないでしょうか。

ネトゲなら課金でいつでも顔をいじれたりするんですが、MHW では中々そうもいかないと思います。大胆かつ慎重にキャラクターメイキングをしていきましょう。

MHW は全てが進化したまさにワールド級作品

以上のように、期待できるポイントばかりと言っても過言ではないモンスターハンター: ワールド。本心から発売日が楽しみなモンハンシリーズなんて、今作が初めてです。現時点からすでに全裸待機しています。

……このブログでこんなにポジティブにモンハンシリーズを扱ったことがなかったので、もしかすると違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。

安心してください、ネガティブな部分もまとめました! 次回の記事はそんな内容になる予定です。

もし購入に迷われている方は、今回の記事と次回の記事、ぜひ 2 つの視点をご覧ください。購入するか否かを決める助けになれば幸いです。