【MHX】勲章をコンプリートしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

遅ればせながらMHXでも勲章を埋めることが出来ました。

勲章を集める上でのおもひでを適当に語ります。

ミニチュアクラウン集めがとにかく大変

実は約2週間前の時点で勲章のコンプリートは終わっています。

MH4シリーズでは達成率が100%になると各ロゴ周りがキラキラ光りはじめて

「――あぁ、埋めきったんだなぁ……」

と感傷に浸ることができましたが、今作はただただのっぺりしております。これはこれで違和感こそありませんが、達成感的にはイマイチ。

画像を見れば分かる通り、中央の “龍歴院大勲章” を最後に残していた状態でのコンプリートとなりました。

このカテゴリには各村とは関係のない往年の勲章たちが多く含まれておりますが、今回特に苦戦したのは何を隠そうミニチュアクラウン収集、これに尽きます。

基本的にボクは毎シリーズでリタイアマラソンは行わず、金冠を埋めるついでにソロで練習を行うというスタンスでプレイをしている関係上、出るモンスターに関してはあっという間に出るけれど、一方で出ないモンスターに関してはやれどもやれども出てこないという現象に直面します。

とはいえこれ自体は恒例行事。問題は今作は特にその傾向が強いという事にあります。

途中あまりに難儀したため、こんな動画をTwitterでつぶやいてしまう有様でした。

 

――ここで唐突に、「金冠コンプリートに要した討伐数が多い&少ないモンスターランキング」の発表です(ドンドンドンパフパフ)。

討伐数が多いランキング TOP3

順位モンスター名討伐数捕獲数
1ドスゲネポス25994
2ナルガクルガ147118
2ドスマッカォ14710

狩猟数が少ないランキング TOP3

順位モンスター名討伐数捕獲数
1クシャルダオラ6-
2ドボルベルク113
3ゲリョス171

うーん、この。

過去作では金冠埋めの最中に討伐数が100を超えることはそうそうなかったと記憶しているのですけれど……。ドスゲネポスに至っては例の動画付き Tweet をした後に、更に80頭以上討伐していることになります。

この表には惜しくも討伐数で敗北してしまったため掲載されておりませんが、リオレウス希少種なんかも優に100頭を超える討伐数を記録しており、プレイ中は尋常じゃない苦痛があったことを今でも覚えています。

その一方でクシャルダオラくんは一体何を考えているのでしょう。6て。

6て。

なんと優しい。好きになっちゃいそうです。なりません。

おそらく MHXX ではG級が追加されますので、それに伴いモンスターのサイズ変動倍率も大きくなるはず。今作で集めるのが面倒に感じる方は、次回作の発売まで待つというのも一つの手かもしれません。

鬼畜・アイルー育成道

いつもの。アイルーという生物を基本的に受け付けない体質であるため、毎作苦労させられます。

MHXでも例に漏れず勲章の獲得のためには複数匹の猫レベルをカンストさせる必要がありますが、何を思ったか今作、最終レベルが50と過去作から大幅に引き上げられてしまっております。

必要経験値量も同時に上昇している気がしていて、レベル上げ終盤まで来ると、普通にプレイしていては永遠に終わらないのではないかと疑問に思えてくるほど成長速度が遅くなります。

ので、高速に経験値を稼ぐため二つ名モンスターのレベル10クエストを回すといい感じ。獲得HRP(ハンターランクポイント)が通常クエストと比較して信じられないほど高いため、ネコのレベルが面白いように上っていきます。

ソロでも比較的かんたんにクリアが出来るガルルガやティガレックス辺りが特に狙い目。金冠集めのついでにでもネコを連れて行くようにしましょう。

とはいえネコというものは基本的に狩猟の足手まといにしかならないので、いくら経験値ブーストがあろうともレベリングが苦痛であることに変わりはなく。

いい加減まともなAIを組み込んでいただくことはできませんかね……。オジャマアイルーを無理矢理連れて行くのは体力的にも精神的にもとても効く。

今後のMHX予定(まとめ)

一先ず勲章埋めが終わったので、最低限のクリアラインには到達したかなといった所。

とはいえそれを目下の目標にしていたため、ビッグブラウンの方はまだいくらか銀冠状態。この銀冠たちを金色に置き換えていくのが次のミッションとしたいと思います。

「ただただ更新していくだけ」というのも味気ない。ということで折角なので、逐一このブログでその進捗を報告をしていくつもり。

相変わらずリタイアマラソンをするつもりは毛頭ないため、1人で楽に狩れる方法を示した狩猟動画もついでに撮りつつ掲載ができればいいなーなんて感じで考えています。

このゲームに対するモチベーションがいつまで続くか全く分かりませんが、今のやる気が下火になるまではなんとなくで続けていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

自作動画や生放送リンク

コメントを残す