【MH4G】壊天瓦解 ランス ソロ 6 分台

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

MHX の後編は TGS が終わってからにしようと後回しにしつつ、大爆心集めのついでに立ち回りを探していたら見事にハマってしまったので適当に動画を撮影。

まだまだ全然良い記録ではありませんが、前回のアカムの時のような感じで動画とともに解説をして参ります。

ティガレックス希少種 解説

装備・スキル

武器:叛逆槍ハーダレギオン(極限攻撃)

防御力 [304→756]/空きスロ [0]/武器[2]
頭装備:GX荒天【光冠】 [3]
胴装備:S・ソルZメイル [3]
腕装備:【胴系統倍化】 [胴系統倍化]
腰装備:【胴系統倍化】 [胴系統倍化]
脚装備:S・ソルZグリーヴ [0]
お守り:神秘の護石(回避性能+4,攻撃+14) [3]
装飾品:攻撃珠【1】(胴)、回避珠【2】(胴)、斬鉄珠【1】、痛撃珠【3】、攻撃珠【2】、回避珠【2】
耐性値:火[1] 水[-10] 雷[-8] 氷[0] 龍[3] 計[-14]

業物
弱点特効
攻撃力UP【大】
見切り+2
回避性能+3
——————————-

武器は水属性のケーリュケイオンと無属性のハーダレギオンで悩みましたが、匠お守りでいいものを持っていないのと、戦闘時間の多くは対爆轟状態となるため、その最中に期待値の高い後者を選択しました。また、体感ですが2度目の爆轟状態が終了した際にティガレックス希少種の体力が残り僅かであれば疲労状態に移行せず、すぐにまた爆轟状態に戻るよう感じたのもハーダを選択した理由の 1 つ。

後述しますが一応ケーリュケイオンにも強みがあるので、匠お守りでいいものを持っていたり、ハーダが嫌いな方はそちらでもよろしいかと。

猫スキルは細かいミスのバックアップの為に 「ネコのふんばり術」 を選択。ハーダで立ち回る以上斬れ味回復のステップ稼ぎを常に気にすることになり、そうすると特に意識せずとも粘菌やられは大体勝手に消えてくれますので毛づくろい術は必要ないと思います。

立ち回り

開幕テンプレ

キャンプから火力上げのため鬼人薬を飲んで入場、入場後に斬れ味回復を目的に強走薬を使用します。入場後に 1 度アイテム使用モーションを挟む事で、丁度ティガレックス希少種の開幕行動を 「威嚇」 に固定することができます。

非怒り ~ 爆轟状態まで

弱点は尻尾ですが、ティガレックス希少種の部位判定はアカムのそれと似ており、尻尾の根元は腹判定となるため狙うのが難しい。下手に狙おうとするとすべて腹に吸われてしまい効率が悪く、より柔らかく転倒も狙える後ろ脚を狙うのが良さげ。立ち位置の維持も楽。

開幕の 「威嚇」 から的確に上段突きを後ろ脚に当てることができていれば、会心の乗り方にもよりますが 「威嚇」 終了から 2 度突けば転倒を取ることができます。転倒中はその時の位置によって、尻尾へ行くか後ろ脚へ行くかを選択します。ランスの火力、立ち回りでは 2 度目の転倒を取ることが難しいため、尻尾へ行けることが理想。

この転倒終了後が問題で、ここから暫く運ゲーが待ち受けています。

というのも、転倒から復帰したティガレックス希少種は高確率で暴れ回ります。ランス自体が火力に乏しく、更に通常時から怒り時の間はハーダレギオンで与えることが出来るダメージがとても少ないため、安定して爆轟状態まで持っていくことが難しいというのが原因。

スムーズに爆轟状態まで移行させて初めて TA 開始のゴングが鳴ったと思っていいので、残念ながらハーダを選択しているとかなりの確率でリタイアポイントとなってしまいます。ハーダレギオンではなくケーリュケイオンを選択していれば、非爆轟状態時のダメージの通りはこちらのほうが断然いいため、安定感が生まれるといったメリットがあったりします。

ただしこの運ゲー状態になるのは基本的に開幕のみ。 1 度目の爆轟状態が終了した後の 2 週目以降は、余程のことがない限り通常状態から怒り以降までは一撃で OK 、怒り状態から爆轟状態までの以降にもそう手数は必要ありません。

爆轟状態

対ティガレックス希少種戦のメインモード。重要な肉質は [頭: 63] [爪: 65] [前脚: 55] の 3 箇所。爪が最も柔らかい一方で、少しでも外せば一気に肉質が 10 も下がってしまうという、攻撃精度の求められる設定となっています。じゃあ一体どこが爪判定なんだっていうと、答えはティガレックス希少種の手のひら部分。シビアと捉えるか爪だけじゃないと喜ぶかは考え方次第。

基本的に、初めの爆轟状態では左右両爪の破壊を狙うことからはじめます。後述する最も使ってほしくない技 TOP 3 には入るであろう 3 or 4 連突進にリスクを付けることができるようになるため。両爪を破壊した後は左爪をメインに狙ってまいります。無理そうならば妥協して頭。下手に肉質 55 を突くよりもよっぽどマシ。

各技の後隙に左爪を丁度内側の真横から 3 発突きバックステップすると、ピッタリ軸合わせしてきたティガレックス希少種の頭を突くことが出来る位置取りが出来ます。上段突きも入るのでここで2発稼ぐのも重要かなと思います。

また、近距離においてはティガレックス希少種の軸合わせ円周上に立ち位置と向きを合わせ、軸合わせ開始と同時に突きはじめることで綺麗に [腕 → 腕 → 頭] と入ります。遠距離から振り向きに合わせるのは無理なので、綺麗な立ち回りを目指すならステップで近づき、タイムを目指すなら運ゲーを覚悟で軸合わせ軌道上に突進しましょう。乗り蓄積値が入る部位以外の場所にジャンプフィニッシュを 2 回当てることで転倒を取れるため、運ゲーをある程度減らすことは可能です。

以下は爆轟時の各技への対応・解説。

  • その場回転:初期位置にもよるが基本的にモーション終了時に左爪の目の前に行けるように。右爪破壊前では 2 回突くことが出来るため優先的に。
  • 大咆哮:回避して左爪へ。右爪破壊前は右。爪 → 頭の流れがやりやすい典型的な技。
  • 2 連大咆哮:後ろに下がりつつ大咆哮の構えをとったらコレ。 1 段目を避けて 2 回爪を突き、 2 段目を避けて1セット爪へ。更に咆哮後確定で後隙ができるのでもう 1 セット追加できます。怯み値を把握してなるべく怯ませないよう突く場所をその都度判断すること。
  • 3 連大方向:訳の分からない位置で唐突に大咆哮の構えをしたらコレ。 2 段目、 3 段目の発生タイミングは完全にランダムなので集中して避けること。確定後隙はなし。
  • 突進:ドリフトした後走って戻ってくるか、飛び込んでくるかの 2 択。飛び込みの後は稀に威嚇に移行。嫌な技。
  • 3 or 4 連突進:軸合わせが普段よりも一度多かったときはコレが来ます。全体フレームがとにかく長い遅延行為の代表格。両爪を破壊しておくことでモーション最後に転倒。ガードチャージで突進に向かい突進距離を減少させ、ステップを 2 度挟んで斬れ味を回復の繰り返しで対応。
  • ダバダバ:うざい。遅延行為その 2 。離れていく相手には突進で運ゲーを仕掛けるか潔く納刀かステップで近づく。
  • 走りっぱなし:うざすぎ。遅延行為その 3 。通常の突進より速度が遅く、尚且つ出始めの判定がゆるいなどで通常突進との判別可能。マップの端から端へ移動されてしまうため頑張って追いかける。振り向きモーションはダメージ判定持続時間が長いため注意。確定で大咆哮へ移行。
  • バックステップ:つらい。確定で突進へ移行。低確率で突進をハンターの目の前で停止し、大咆哮 or 2 連大咆哮へ移行。

ランスでも 6 分 30 秒台は出る、はず(まとめ)

ハーダレギオンでは開幕がとにかく運ゲーの塊となってしまい、中々通すのは難しいというのが本音ですが、そのファーストステップを乗り越えられさえすればなんとかなります……と思いきや、両爪の破壊前に 3 or 4 連突進を連発されたり、ダバダバを連発されたり、中々良いタイムを出すのは難しいかなって感じです。タイムアタックにおいて 「各モンスターのいい行動をより多く引く」 といのは基本のうちの 1 つですが、ティガレックス希少種はハズレモーションの全体フレームが一々長過ぎるのが問題。コレのせいで運ゲー要素をより大きく感じてしまうのかなと。

とは言え、何だかんだ言って爆轟までスムーズに行けば大体 7 分台、遅くても 8 分ほどで討伐できます。 6 分台を出すには精度とある程度の運が必要かもしれません。

今回の動画も正直完成度はかなり低い状態ですので、結局いつも通りの限定公開という形で落ち着きました。動画内での被弾や細かいミスを減らすだけでもタイムはかなり縮みますし、当時はまだ見つけてなかった立ち回りもありますから、それらを掛けあわせて 6 分 30 秒台は出るかなと考える次第です。

本当はそれくらいのタイムを出してからブログをドーンと更新、 Youtube や niconico でも動画をバーンと初めて一般公開するつもりだったのですが、不甲斐ないことに暫く出そうにないような気がして、そして例の MHX 記事の後編もいい加減書かなければならないので、これが自分の中で一旦の区切ということでひとまず記事にしてしまいました。お兄さん許して。

結局未だによくわかっていないのは最初の爆轟状態までの移行条件について。単純に与ダメージ量だと思うんですが、稀によく突き続けても全く移行しないことがあるんですよね。そういうときは大体相手の攻撃モーションの真っ最中だったりするので、もしかすると攻撃中はリミッターがかかったりするのかなーって。とは言え攻撃中でも全然お構いなしに爆轟状態になったりすることもあるのでコレもうわかんねぇな。

まぁそんな感じで、記録を更新したらまたブログでお知らせいたします。

今日は、ここまでにしときます。それでは皆さん、さよなら~

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

自作動画や生放送リンク

コメントを残す