Apple、AirTag への対応や安定性向上を図る「macOS Big Sur 11.3」「watchOS 7.4」「tvOS 14.5」を配信

Gadget

Apple OS 一斉更新。

Apple は 4 月 27 日 (日本時間)、「macOS Big Sur 11.3」、「watchOS 7.4」および「tvOS 14.5」を正式リリースしました。

「macOS Big Sur 11.3」では、先日発表された「AirTag」への対応が追加され、「探す」アプリで紛失したものを探せるようになったほか、M1を搭載した Mac での iPhone および iPad 用 App のウィンドウサイズを変更できるようになるなど、各種機能の追加が行われています。

また、Mac mini (M1、2020) の再起動後にログインウインドウが正常に表示されない場合が修正されるなどの安定性向上もアップデートに含まれています。

「システム環境設定」から手動でアップデートが可能です。

このほか、iPhone X 以降の Face ID がマスクをつけた状態でも解除可能になる機能を解放する「watchOS 7.4」、一般的なパフォーマンスと安定性の向上や iPhone を使用したカラーバランスの調整機能が利用可能にる「tvOS 14.5 (「Apple TV 4K」と「Apple TV (HD)」向け)」が同時にリリースされています。

それぞれ「Watch」アプリの「一般 > ソフトウェア・アップデート」、「Apple TV」の設定アプリ「システム > ソフトウェアアップデート」からアップデートすることが可能です。

その他詳細なアップデート内容は Apple 公式 Web サイトから確認できます (2021/04/27 7:00 時点では macOS の更新情報の記載なし)。

macOS Big Sur のアップデートの新機能
macOS Big Sur のアップデートにおける変更点についてご案内します。
watchOS 7 のアップデートについて
watchOS 7では、文字盤を見つけて共有できる新しい方法や、睡眠記録機能、手洗いの自動検出機能、新しいワークアウトの種類が加わり、Apple Watchがこれまで以上にパワフルに、そしてパーソナルになります。ファミリー設定でファミリーメンバーのApple Watchを自分のiPhoneとペアリングして、大切な人と常...
Apple TV 4K や Apple TV HD のソフトウェア・アップデートについて
Apple TV 4K や Apple TV HD で利用できる tvOS の最新の機能について紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました