【速報】Apple、マスク状態で Face ID を解除可能にする「iOS 14.5」を配信。「iPadOS 14.5」も同時に配信

Gadget

Touch ID がいらない子になったってこれマジ?

Apple は 4 月 27 日 (日本時間)、「iOS 14.5」および「iPadOS 14.5」を正式リリースしました。

「iOS 14.5」はマスクを着けたままでの Face ID の解除に、ついに対応しました。マスク状態の Face ID を使用するためには、「Apple Watch Series 3」以降の Apple Watch (watchOS 7.4 以降が必要) と連携する必要があります。

Apple Watch を所持・装着している必要があるものの、ようやくコロナ禍でも気にせず iPhone を使用できるようになった感があります。ますます Apple のエコシステムの波に飲まれてしまいますね。

そのほかにも先日発表された「AirTag」がサポートされ、「探す」アプリで紛失した持ち物を探せるようになったほか、200 種類を超える新しい絵文字が利用可能になっています。

さらに、待望のトラッキング広告の透明性向上が図られる機能もついに実装。サードパーティ性アプリや Web サイトを横断するトラッキングに対し、ユーザーがどのアプリに対してトラッキングを許可するかを選択できるようになりました。

「iOS 14」は iPhone 6s 以降、iPod touch 第 7 世代以降で利用可能。自動更新機能、または「設定」から手動でアップデートすることが可能です。

なお、同時に「iPadOS 14.5」も配信されていますが、主な変更は、「AirTag」への対応とトラッキング広告の透明性向上の 2 点。残念ながら、Face ID への対応はされませんでした。同じく自動更新機能、または「設定」から手動でアップデートすることが可能です。

これら機能追加のほか、本バージョンでは 50 件近い脆弱性の修正も行われているので早めのアップデートをおすすめします。 

アップデートの詳細内容は Apple の公式 Web サイトから確認できます。

iOS 14 のアップデートについて
iOS 14では、iPhoneでの主要な体験がアップデートされます。再設計されたウィジェットをホーム画面に追加でき、AppライブラリではAppが新しい方法で自動的に整理され、電話の着信とSiriの画面はコンパクトなデザインになっています。“メッセージ”では、会話をピンで固定できるようになり、グループやミー文字が改善され...
iPadOS 14 のアップデートについて
iPadOS 14には、iPadの大きなMulti-Touchディスプレイを活用したApple Pencilの新機能と再設計されたAppが含まれます。Siri、検索、および着信のためのコンパクトなデザインにより、目の前のタスクに集中できます。図形の認識やスマート選択などの賢い新機能により、メモを取るのがさらに楽になりま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました