これぞ MacBook と最高に合うカバン! デザイン性抜群でつい外出したくなる

Gadget

引きこもりも外出したくなるレベル。

一目惚れして買った最高のデザイン

2020 年に枕が爆発したボク。2021 年早々予定外の出費だなあと思いながら銀座のテンピュールで枕を購入したその帰り道。出会ってしまいました。

「————っ! なんだ、この格好いいカバンは……!」

ボクは普段買い物をする際、事前にスペックやレビューを目を皿にして確認し、店頭で実物を見た上でそれを買うことによって生活がどのように変わるのか、本当に必要なのかというように、ドチャクソな吟味工程を欠かしません。

なぜなら余計な持ち物を増やしたくないし、また、高い物であろうと安い物であろうと、仮に買ったものが使えないものであれば、それは買い物ではなく、単なる損失になってしまうからです。

でも、このカバンはそんな綺麗事を言ってる場合じゃねぇ!

店頭にディスプレイされたカバンに見惚れ、気づけばお店に迷い込んでしまっていたボクは、店員さんと少しのお話を交わし、その場即決で購入してしまいました。

あーあ、衝動買いですよ。

購入したのは MOTHER HOUSE アンティーク スクエア バックパック

そんな流れで購入したのが、MOTHER HOUSE 社の「アンティーク スクエア バックパック」。カラーはアンティークグレーを選択しました。

Web 通販や各地にある実店舗で買えるみたい。

何がいいって、まずシルエット。四角くて、ピシッとしていて、コンパクト。リュックサックは背負う分にはとても楽でいいのですが、ダボっとしたり、無駄に大きすぎるシルエットがどうも気に入らないなあということがしばしばでした。

一方で、このカバンはそれらの欠点が克服されているのです。なんてスマートなんだぁ……。

そして、ロゴがない!!

カバンに限らず、市販されているものの多くはメーカーロゴが記載されています。それがいいアイコニックになることもあるかもしれませんが、ほとんどの場合「ない方が格好いいのになあ……」と思ってしまいます。このカバンには、ロゴがないんです。前も、横も、背中部分も。一つも。

シルエットが最高で、ロゴもない。これぞまさしく最 & 高なのです。

ボクはファッション分野に明るくないので、お店を通り過ぎるまでメーカーもカバンの名前も知らなかったのですが (すみません)、購入後に調べてみると MOTHER HOUSE 社は知る人ぞ知る、結構有名なブランドらしい。また、このアンティーク スクエア バックパック自体も人気商品のようです。

実際、職場に背負っていくと、「それってあそこのカバンですか?」と早速声をかけられました。なるほど確かに人気なわけだ。また、このカバンを知らない人から見ても魅力的に映るようで、職場やアパレルショップで「格好いいですね!」と、これまた嬉しい声がけをされるのです。

ボク自身が格好いいと言われたわけでは 1 mm もないのに、妙に心がはずみます。ボク自身が格好いいと言われたわけでは 1 mm もないのに。ないのに……。

————。

こういう買い物っていいよね。とても久しぶりな衝動買いでしたが、ちゃんと買ってよかったなあと思える買い物になりました。

お出かけスナップ写真だよ!

あまりにテンションが上がってしまったので、知り合いのカメラマンを連れて散歩してきました。画像をクリックで拡大できます。

ね、格好いいでしょ?

使い心地は soso

「見た目がいいことはよくわかった。実際の使い心地はどうなんだい?」

オーケー、オーケー。気になりますよね。それでは約 3 カ月使用したレビューをば。

結論から述べると、機能性重視のカバンと比べたらそりゃ悪い。けれども見た目全振りの割には悪くない。です。モンハンでいう、攻撃スキルがちょっとだけ乗った見た目装備的な。最近だと重ね着があるからこの例え通用しないか。

閑話休題。このカバンはファスナーや内生地を除き、ほとんどの部分が革製です。ですから当然、ショルダーストラップも革製です。見た目重視で、細身なベルト。

カバン自体が軽く、また後述するように物理的に大容量が入らないのでなんとかなりますが、重たい荷物をたくさん入れようとすると、ショルダーストラップが食い込んで、ちょっと痛いです。MacBook Air 2 台、iPad Pro 12.9 inch を一気に運ぶと (カバン含めて約 4.5 Kg)、流石に肩が痛くなりました。

ここは機能性重視のリュックサック「Incase City Compact Backpack」とは明確な差を感じる部分でしたね。

さて、このバッグは素材だけでなく構造もとてもシンプルです。収納機能は 15 インチまでの PC が収まる大型のポケットと、小物類やペンが収納できる小型ポケット 3 つ備えたメインコンパートメント。そして、フロントにアイコニックな小型ポケットが一つあるだけです。

決して収容力が高いとは言えません。以前公開したボクのカバンの中身は到底入り切ったものではないので、そこから更に普段持ち歩くものを厳選する必要がありました。

これについては、むしろポジティブに捉えています。カバンを切り替えた結果、持ち物もカバンも一層ミニマルになって、洗練された気分になれたので。「絶対に必要だ」と思い込んでいたアイテムでも、いざ持ち運ぶことをやめてみると、「あれ、意外と全く問題ないな」となっちゃうんですよね。

過去、大量のものを持っていたからこそ、必要か不必要かを判断できる。家に置いてあるアイテムも同様。こうして一層ボクの持ち物が減っていくわけですね。

カバンの中身を更新

前述の通り、カバンの中身を更新しました。年明けに公開したばかりですが、せっかくですからこのタイミングで更新後のカバンの中身を紹介します。

基本的にモノをごっそり減らした形のマイナーチェンジです。各アイテムの詳細を知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

Apple | MacBook Air + Apple | 13 インチ MacBook Air と MacBook Pro 用レザースリーブ

MacBook Air は常にカバンに入っています。アンティーク スクエア バックパックから取り出される MacBook。格好良くないわけがないじゃないですか。

さて、このカバンは PC を出し入れするとき、どんなに気をつけてもメインコンパートメントのファスナー部分に PC が擦れてしまいます。何度も繰り返すと PC に擦り傷がついてしまうことは想像にかたくないので、スリーブなどのケースを用意することをお勧めします。ボクもMacBook Air の純正スリーブを買いました

LIHIT LAB. | バッグ イン バッグ (A4 サイズ)

メインコンパートメント内部をスッキリさせるために欠かせないのが、バッグインバッグ。カバンを変えたタイミングで、もっといいものはないかと探してみましたが、やっぱりこれが一番便利そう。

この中に以下紹介するアイテムを入れて持ち運んでいます。

Apple | iPhone 8 Plus & iPhone 7

言わずもがな、携帯電話です。割と最近 iPhone 8 Plus くんでは Feedly などのアプリでもっさり感を感じることがしばしば出てきました。今年こそ、指紋認証のついた新型 iPhone が出てくれることを切に願います。

PILOT | フリクションポイント ノックビズ

前回の記事では何故か文房具類をすっ飛ばしちゃってたんですよね。マーブルブラックに赤色のリフィルを入れて使っています。

なんだかんだ、書いた文字を消せるフリクションボールペンはめちゃくちゃ便利です。

cheero | Power Plus 2 10400mAh + Anker PowerLine ライトニングケーブル (1.8 m)

PC や Apple Watch 用の充電器は遠出する時だけ持ち運ぶこととし、普段は iPhone 用の充電セットだけ持ち歩くことにしました。

ぶっちゃけ iPhone の充電も日常で切れることはほぼありませんが、電車が立ち往生してしまったとか、急な災害が起きてしまったとか、何かあっても連絡手段を確保できるよう、保険として。

CYPRIS | 2 つ折り財布

(本当は現金を持ち歩きたく) ないです。

ZEBRA | レガリア M

先のフリクション ボールと同じくマーブル柄のボールペンです。好きなんですよね、マーブル柄。

発売当初からものすごく好きなデザインかつ、書きやすいのでずっと愛用しているのですが、残念ながら廃盤。どうか壊れないでおくれやす。

ちなみに、このペンはカバンのペン用ポケットに収納しています。ペンの収納先を分けることで、「忘れ物したあ! 手持ちにペンが全くない!」という状況を回避する高等テクニックです。ぜひみなさん真似してください。

Astell & Kern | AK70 MKII + Sony | WF-1000XM3

AK70 MKII のコンパクトさ本当に素晴らしい。アンティーク スクエア バックパックの小さなポケットにジャストサイズで入ってくれます。

有線イヤホンの持ち運びは完全にやめ、ワイヤレス一本化。MacBook で通話するとマイクがスピーカーの音を拾っちゃう問題」が、いつの間にか解決したのか、通話相手からも「全く気にならない」と言われるようになったので、Mac でオンライン会議するときにも特段イヤホンは必要なくなりました。

PRAIRIE GINZA | パスケース

フロントポケットにピッタリサイズ。各種カードや名刺入れとして使っています。

春から始まる新生活で、おしゃれしよう! (直球)

気がつけば 2021 年も 4 月です。「一月は往ぬる、二月は逃げる、三月は去る」とはよく言ったもんで、本当にあっという間に今年も 3 カ月が経過してしまいました。緊急事態宣言も一旦解除され、学生諸君は心機一転春心地。新社会人諸君は絶望を贈られていることでしょう。

いずれにせよ新年度。外出も少しづつ増えてくる時期。あなたもお気に入りのカバンを見つけて楽しく外出に出かけませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました