部屋干しの嫌なニオイはサーキュレーターと洗剤で完全に消せる

URLをコピーする
URLをコピーしました!

さらば、悪臭。

人間が生活する上で必ずやらなければならないことのうちの一つ、洗濯。洗濯は洗濯物を乾かすまでがセットですよね。

天候や紫外線を気にせずに済む部屋干しは、洗濯物を乾かす際の手段としてあなたも一度は経験したことがおありでしょう。

ところがこの部屋干し、問題がひとつ。そう、ニオイです

半乾きの時間が長くなった部屋干しの洗濯物は、途端にとてつもないニオイを放ち始めるのです。それはもう、こんなになるんだったらむしろ洗濯しなきゃよかった思ってしまうほどに。

なんと、この度ボクはこの悪臭を完全に防ぎ、洗濯物特有のいいニオイを確実に生み出す方法を見つけました

さっそくその方法を見て行きましょう。

目次

ニオイの原因は菌

そもそもなぜキレイに洗ったはずの洗濯物から鼻が曲がるような悪臭が出てきてしまうのか。

これは、洗濯物に付着している菌が原因です。この原因菌を「モラクセラ菌」といいます。

モラクセラ菌はヒトの口・鼻などの粘膜にいつも存在している一般的な菌で、この菌自体にはニオイはありません。

しかし、洗濯物の乾燥に時間がかかると、モラクセラ菌が洗濯物についている水分や皮脂などを栄養として増殖。これらをもとに「うんち」を出します

このうんちこそが諸悪の根源。洗濯物の悪臭の原因となっているわけです。

要するに、悪臭は「菌を減らして」「素早く乾かせば」解決するというわけだ。

ニオイ防止のために、用意するものはふたつ

というわけで部屋干しでニオイを防ぐ最強の 2 アイテムを用意しましょう。

いでよ、「サーキュレーター」! 追加召喚、「部屋干し用洗剤」!

それぞれの役割は順にこんな感じ。

1. サーキュレーター

まずはサーキュレーター。サーキュレーターとは、空気を循環させることに特化した扇風機の亜種のことです。

こいつの役割は、洗濯物の周囲に溜まった湿気を吹き飛ばすこと。サーキュレーターを使うことにより、洗濯物の周囲は常に乾燥した空気が循環。風の力とのダブルパンチで速攻で洗濯物が乾きます。

この威力は凄まじく、湿度 70 % を超えるじめじめした夏であろうと、氷点下にもなろう室温の冬であろうと、一晩あれば綿 100 % の T シャツが乾いてしまうほど。

サーキュレーターがあれば、部屋干しした洗濯物が生乾きになることは未来永劫ありません。

なお、できるだけ大きいサイズの購入をおすすめします。サーキュレーターは扇風機と違って一直線状に風が出ます。そのため風を満遍なく行き届かせるためにはファンの大きさが必要になるのです。

また、ファンは大きいほど騒音は小さくなります。そういった意味でも大きいサイズがおすすめです。

ボクは無印良品の大きいタイプのサーキュレーターを使用しています。

2. 部屋干し用洗剤

続いて部屋干し用洗剤。部屋干し用の洗剤と通常の洗剤の違いは、菌に対する効果の差。部屋干し用洗剤の方が例のモラクセラ菌の繁殖を抑える効果が高く設定されています

部屋干し用洗剤の効力を侮るなかれ。以前ボクは「いや、洗浄力の高い洗剤を使っていれば部屋干し用とか関係なくニオイも取れるでしょ」と思っていました。

そんなボクがかつて使っていた洗剤はナノックス。洗浄力に定評があります。

でもこいつではニオイを防ぐことができませんでした。何度重ね洗いしても、一度こびりついたニオイには全く無力。

そこで購入したのがナノックスの亜種である抗菌タイプ。併せて同じメーカーの消臭用柔軟剤を購入しました。

結果これが大正解。煮沸消毒をしてもとれないほどニオイがこびりついて、着ることを諦めていた T シャツもいいニオイに生まれ変わりました。抗菌力半端なさす。

余談ですが、おしゃれ着用洗剤も同じメーカーで揃えると、香りのばらつきが抑えられていい感じです。

3. 型崩れを防止するハンガーを用意するとグッド

サーキュレーター、部屋干し用洗剤に続く幻の 3 点目の部屋干し用アイテム。それがハンガー

なくても構いませんが、部屋干し中の服は常にサーキュレーターの風にさらされ重力以外に風のテンションを受け続けます。その分服にかかる負荷も通常よりも高いものになり、型崩れのリスクが上昇します。

これを防ぐために、ハンガーも用意してあげると一層良いよという感じです。

ボクは元々持っていた滑り止め付きのハンガーを買い足して対策しました。部屋干し中以外にも型崩れを防いでくれるのでおすすめです。

サーキュレーターと部屋干し用洗剤、どちらか片方ではダメ。必ず併用しましょう

部屋干しでニオイを防ぐために大切なのは妥協をしないことすなわちサーキュレーターと洗剤を同時に揃えることです

ボクは先にサーキュレーターだけを導入しました。ところが洗濯時点でニオイを落とし切れていないので、洗濯物がいくら早く乾いてもずっとニオイが残ったまんまだったんですよね。

逆に部屋干し用洗剤だけでもダメでした。一度サーキュレーターをつけ忘れてしまったことがありました。夜の洗濯でしたので、干したまんま一夜明けてつけ忘れに気が付いたんですが時すでに遅し。洗濯物たちは湿ったまんま。そしてイヤなニオイがぷわ〜んと

やはり「部屋干し用洗剤で菌を減らして」「サーキュレーターで素早く乾かす」。この工程が大事というわけです。

ニオイには人間慣れるものなので、自分から発する多少の臭さには気付けなかったりするんですよね。それなのに洗濯物がニオうってことは、他人からすると激臭である可能性が非常に高いです。

ぜひ洗剤とサーキュレーターを揃えて快適な部屋干しライフを送ってください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる