【WWDC】新型 iPhone や新型 Mac の発表はないかもしれない

URLをコピーする
URLをコピーしました!

年に一度 Apple が主催するイベント、WWDC。

今年の開催は日本時間 2022 年 6 月 7 日 (火曜日) 午前 2 時からと、開催を目前に控えています。

Apple(日本)
Appleのイベント Appleの最新の発表をストリーミングでお届けします。Appleの製品とサービスに関するこれまでのスペシャルイベントも、アーカイブにまとめてあります。

「WWDC で iPhone 14 の発表があるかも!」「M2 搭載の MacBook Air について発表されるらしい!」

WWDC の開催が近づくにつれてこんな情報をネット上で多く見かけるようになってきました。

果たして本当なのでしょうか?

目次

WWDC でハードウェアが発表される可能性はとても低い

もちろん iPhone 14 や M2 Mac について語られる可能性はゼロではありませんが、残念ながらその可能性はそれほど高くないと予想することができます。

その理由は WWDC の正式名称を確認すると見えてきます。

WWDC は「Worldwide Developers Conference」の略で、日本語に翻訳すると「世界開発者会議」。要するに、WWDC とは開発者を主な対象として、Apple が開発する「ソフトウェア」の新情報をお届けするイベントだということです。

実際に昨年の「WWDC 21」で発表されたのは、「iOS 15」「iPadOS 15」「macOS Monterey」「watchOS 8」の 4 つ。

いずれも Apple が開発する OS (ソフトウェア) の最新バージョンであり、2021 年の WWDC では iPhone や Mac などのハードウェアは発表されませんでした。

また、2020 年以前の WWDC でも同様に、内容のほとんどを iOS や macOS をはじめとした各種 OS の新バージョンや新機能の発表で終始する確率が非常に高いイベントでした。

WWDC でハードウェアの発表がされたことはないのか?

とはいえ、WWDC で新しいハードウェアが発表されたことが全くないわけではありません。

実は 2012 年あたりまでは積極的に新ハードウェアの発表が行われ、さらに直近では 2020 年には後の M1 になる、「Apple シリコン」が発表されています。

WWDC で発表された主なハードウェアは以下の通りです (引用: Wikipedia)。

  • 1998年 – ボンダイブルー iMac
  • 2002年 – Xserve
  • 2003年 – Power Mac G5とiSight
  • 2004年 – 30インチのApple Cinema HD Display
  • 2005年 – Intel Macへの移行
  • 2006年 – Intel XserveとMac Pro
  • 2008年 – iPhone 3G
  • 2009年 – iPhone 3GS
  • 2010年 – iPhone 4
  • 2012年 – Retinaディスプレイ搭載MacBook Pro
  • 2013年 – 円筒形デザインのMac Pro
  • 2017年 – 10.5インチのiPad Pro、iMac Pro、HomePod
  • 2019年 – Mac Pro, Apple Pro Display XDR
  • 2020年 – MacのAppleシリコンへの移行発表

WWDC で発表されるハードウェアは「Pro」が多い

これまで WWDC で発表されたハードウェアの傾向を見ると、「Mac Pro」「iPad Pro」「Apple Pro Display XDR」といった、Pro 系の製品の割合が高いことがわかります。

いわゆる「ゴミ箱 MacPro」や「大根おろし MacPro」など、庶民の感覚から見た目も金額もかけ離れた Mac が発表されたのも、何を隠そう WWDC でした。

ここで改めて今年開催の「WWDC 22」に対する噂を振り返ってみましょう。

「WWDC で iPhone 14 の発表があるかも!」「M2 搭載の MacBook Air について発表されるらしい!」

いずれも Pro 向けモデルというよりは、大衆向けモデルの製品のように思えますね。特に iPhone に関していえば、2010 年の「iPhone 4」の発表を最後に WWDC で新型が発表されたことが一度もありません。

よってこれらの製品が発表されないと言い切ることはできませんが、一方で発表される確率が高いとも、これまでの傾向を踏まえると中々言いづらい気がしますよね。

逆にいえば、まだ登場していない Mac ファミリーの Pro シリーズである、「iMac Pro」が発表される可能性が大穴としてあったりするのかもしれません。

一方で Mac Studio に搭載された「M1 Ultra」チップを超える性能の M1 シリーズは最早出せないと考えられますから、「Mac Pro」が発表されることはないと思われます。

Apple の新型ハードウェアは秋の「Apple Special Event」で発表されることがほとんど

ここからは余談ですが、Apple の主要新製品は WWDC ではなく、毎年秋に開催される「Apple Special Event (2020 年以降は「Apple Event」) 」で発表されることがほとんどです。

同イベントで 2021 年には

  • M1 Pro または M1 Max チップ搭載 MacBook Pro新 AirPods
  • HomePod mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13
  • Apple Watch Series 7
  • iPad mini 6
  • iPad 9

が発表され、まさしく新型ハードウェアの目白押しでした。

また、Apple Event は春口にも開催され、ここでは既存ハードウェアのマイナーアップデートやカラーバリエーションの追加などが発表されます。

WWDC に期待を寄せて全裸待機も悪くはありませんが、期待しすぎて「新型 iPhone 発表されなかったじゃねーかよ! マジでないわー!」と、ならない程度に楽しみにしておきましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる