Mac を使うとブログ執筆が圧倒的に快適になる 3 つの理由!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

やはり Mac がいいですよ。

2021 年はリモートワークが急速に広まりました。2022 年 1 月も某感染症が絶賛再拡大中ですから、きっとこの流れは止まらないことでしょう。

世の中では、リモートワークの普及によって浮いた通勤時間を有効活用する「副業」が流行っています。そして、副業のおすすめ筆頭としてブログが取り沙汰されることも非常に多いです。

さて、ブログを始めようと思ったとき、あなたはこのように思ったことはありませんか?

ブログ始めてみたいけど、書く作業がめんどくさいなー。

ブログを始めるにあたって避けて通れないのが、執筆作業。どんなにいいネタを思いついても記事として公開するためには必ず「書く (= 執筆)」 作業が必要になります。

ブログ執筆作業に必要な工程は大きく二つに分かれます。ひとつは見出しや本文書く「執筆作業」ふたつ目はサムネイルや記事中画像を編集する「画像編集作業」です。やること自体はシンプルなものの、意外と面倒臭いのがこれら作業です。

ブログを始めるコツとして、「ネタを考える」ことの重要性を説いたり、そのノウハウを教えてくれる記事や書籍はたくさんありますよね。ところが、快適にブログを書く方法を紹介する記事はあまりないように思います。

そんな理由もあってボクは常に、もっとブログ執筆を楽にする方法がないかなあ模索しています。

そこで今回は、ブログの執筆作業が快適になる方法のうちのひとつ。すなわち「Mac を使うだけでブログ執筆が快適になる」理由をご紹介します。

ボクは何か新しいことにチャレンジするとき、形から入るタイプ。そんなボクがブログ執筆にあたって入った形のひとつが「Mac の導入」でした。

結果これは大正解。Windows 95 時代から Windows と共に歩き続けてきた超 Windows オタクでしたが、今では完全にマカーと化してしまいました。簡単に乗り換えられるので、どうぞご安心ください。

ちなみに当ブログの実績はこんな感じ。

・累計記事数が 100 を突破していて
・楽しく書き続けていて
・お小遣いももそれなりに入っている

目次

理由 1: 「ライブ変換機能」でタイピングの時短ができる

Mac には、「ライブ変換機能」という神機能が搭載されています。

これは、日本語をタイピングしているだけで、リアルタイムに漢字やカタカナなど適切な文字に自動で変換し続けてくれる機能です。

さて、皆さんはWindows でタイピングをしているとき、このように思ったことはありませんか?

あー、変換するのめんどくせーー

まあ、実際にはほとんど思ったことがないと思います。Windows では変換するためにスペースキーを押して、その後エンターキーを押して変換を確定させる必要がありますよね。この工程は当然のものなので、面倒臭いとかそういうのではなくやって当たり前と感じていらっしゃる方がほとんどではないでしょうか。

なんと Mac では、このスペースキーを押して変換→エンターキーで確定する工程が丸っと必要なくなるわけです。ライブ変換機能によってね。

正直、この機能を使うためだけに Mac を導入するべきと言っても過言ではないくらい、個人的に神機能だと思っています。

Windows でのタイピングにおいて、一回一回の変換作業自体はそれほど時間のかかるものではないでしょう。でも、Windows では誤変換を恐れて1〜2単語入力してはスペースキーで変換、エンターキーで確定を繰り返しがちですよね。

「塵も積もれば山となる」で、大量の文字数を書く必要のあるブログ執筆作業において気づけばこの変換工程だけでかなりの時間を消費してしまうのです

Mac ではライブ変換機能に身を委ねて、ただひたすら文字入力キーだけ無心で叩き続ければ自然と文章が出来上がっています。中身を考えること、文字を入力することに集中できるので、変換→エンターの工程だけでなく、精神的な効率化にもつながるというわけです。

ブログは一記事あたりの文字数が多い方が有利になる傾向があるという事実

なんだかんだで記事数が 100 を突破している当ブログ。一記事あたりの平均文字数は 5,000 と、一般的なブログと比べると割とボリューミーだったりします。

文字量が多い分、痒いところまで情報をお届けできていると思っていますがどうですか? え、そんなことはない? まさかー。

実際、Google の検索結果上位に表示されるブログ記事の文字数は、5,000 字前後と比較的ボリューミーであることが多いです。これは、文字量そのものが評価されているのではなく、文字量が多い分、記事の内容の充実度が高くなっていることが評価されていることに起因しています。

ちなみに、ボクのブログも Google 検索 1 位〜上位の記事がたくさんあります (画像は一例)。

つまり、なんだかんだでブログ執筆には結構な文字数を入力する必要があるということですね。

このテキスト入力作業がめちゃくちゃ楽になる Mac、最高なんです

ブログ執筆文字数 > 公開記事文字数 という事実

ブログ記事公開時の文字数が 5,000 字だったとすると、ほとんどの場合実際には記事執筆時点でさらに多くの文字数をタイピングしていることになります。

なぜならブログというものは大抵、

  1. 適当にバーーーっと記事全体を書き殴って、
  2. 校正しながら推敲するという手順で執筆

するため。誤字や脱字、わかりづらい表現などを校正しながら見つけ出して、全て書き直すのです。

場合によっては丸っと書き直すこともなくはないです。正確に計算したことはありませんが、おおよそ最終公開文字数の 20 % 〜 30 % 分は多くタイピングしてるはずです。

ボクは比較的タイピングが速い方なので、ただ 3,000 字打ち込むだけなら一瞬で終わります。しかしブログ執筆は記事の内容を考えながらタイピングする必要があるので、どうしてもそれなりに時間がかかります

そんな感じでどうしてもそれなりにキーボードと向き合う時間が長くなるんですよね。このとき、Windows を使っていた頃のボクはこのように言いました。

あー、変換のたびにスペースキーを押すのめんどくせー。

結局ここに行き着くんですよね。ライブ変換機能、最高です。

理由 2: Mac のおしゃれフォントでサムネイルが簡単にハイクオリティに作れる

皆さんは Windows を使っていて、このように思ったことはありませんか?

おーい、なんで Windows のフォントってこんなダサいやつしか入ってないんだよ。

Windows に初期搭載されているフォントはほとんど似たり寄ったりなダサいフォントばかり。Windows XP の頃までは古印体や教科書体などある程度豊富なラインナップが揃っていましたが、Windows 10 や Windows 11 な現在は本当にベーシックなフォントしか入っていません

フリーフォントを探せば改善できますが、なんだかんだで面倒臭いですよね。

一方の Mac はデフォルトでおしゃれなフォントが複数入っているのが魅力です。フォントのことは何も考えず、適当に画像編集アプリをインストールさえすれば、誰でも手軽におしゃれなサムネイル制作が可能なのです。

というかぶっちゃけ、Mac 標準フォントの「ヒラギノ」の汎用性が高すぎて、これ一本の太さ違いでどうとでもなる説さえあります。このヒラギノフォントを Windows にインストールしようとすると、年間 50,000 円以上のライセンス料が必要になります。

そんなフォントを永久無料で使える Mac くん、すごくないですか?

ちなみに当ブログのサムネイルフォントは全て「ヒラギノ角ゴシック」を使用しています。また、サムネイル制作用のソフトは「Affinity Photo」を使用しています。

理由 3: 「AirDrop」機能で iPhone の写真を一瞬で Mac に送信できる

ブログの執筆にはテキストだけでなくサムネイルや、記事中の写真も用意しなくてはなりません。

写真を用意する最も手っ取り早い方法のひとつがスマートフォンによる撮影。最近ボクは写真撮影をスマートフォンからミラーレス一眼に乗り換えましたが、ぶっちゃけコストをかけずにハイクオリティな写真が撮れるスマートフォンで十分説があります。

で、スマートフォンで写真撮影したら、撮影した写真を PC に送信しなくてはなりません。撮影した写真そのままでは容量が大きすぎるので圧縮する必要や、サムネイル制作をする必要があるからですね。

このとき、Windows を使用していた頃のボク、このように言いました。

iPhone で撮影したデータを PC に取り込むのがめんどくせーー。

iPhone から Windows に写真データを送るためには、「クラウドストレージにアップロードする」「USB ケーブルで繋ぐ」「メールで送る」など、何だかんだめちゃ面倒くさい作業を行う必要があります。

このときに役立つのが Mac の「AirDrop 機能」です。iPhone で撮影した写真を特別なアプリケーションやコードを用意する必要なく、ワンタップで Mac に送信できる最強の機能です

2021 年 11 月時点で、日本人のほぼ半分の人々が iPhone を使用しているとの調査結果が MMD 研究所から発表されています。

MMD 研究所調べ

つまり、日本人の約半数は Mac を導入すればこの AirDrop 機能を有効活用することができるようになるということなんですよね。PC は Windows、スマートフォンは iPhone という方、とても多いと思います。実際、かつてボクもそうでした。でもそれはブログ執筆に当たってはとても損な組み合わせ。

Mac を購入すると、写真を PC に送る手間が一気に軽減されます。エコシステムを揃えることの重要性がよくわかりますね。

今の Mac はめちゃ安い! 4K 動画編集もできるスペックがたった 10 万円で購入できる!

タイピングが速くなる、サムネイルのクオリティが上がる、写真の用意が楽になる。Mac がブログ執筆に必要な要素を全て兼ね備えているということをお伝えできたと思います。

しかし、ここで皆さんはこのように思ったのではないでしょうか。

Mac ってどうせ高いんだろ?

それがですね、今はめちゃくちゃ安いんです。MacBook Air、最小構成が 115,280円(税込)。10 万円強で手に入ってしまうんです。

最小構成と聞いて、PC に詳しい方ならこのように思ったのではないでしょうか。

最小構成とか舐めてんのか。そんなスペックだったらめっちゃ遅いに決まってるだろ!

それがですね、最小構成でも平気で 4K 動画の編集ができてしまうくらいの超ハイスペックなんです。これは当然、ブログを書くには余りあるスペックであるということを示しています。

Mac は 2020 年、Apple が開発した自社製 SoCの「M1」を導入し、急激な進化を遂げました。発売当初はコンピューティングの革命などと随所で評されたほどです。

この M1 がたったの 10 万円強で手に入ると、そういうことになります。ボクも過去に何度かレビューをしていますが、ほんとに金額からは考えられないほどのとんでもコスパなマシンになっています。

また、前述の通りボクは元 Windows 信者。その信者っぷりはかなりのものでしたが、Mac になんの抵抗もなく乗り換えることができました。

Apple は購入後 1 カ月間はたとえ製品を使用したとしても返品することができますから、一回試してみて、使えそうだったらそのまま使う。ダメだったら返品するという手法も可能です。

ぜひあなたも Mac を手にして快適なブロガーライフを送ってください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる